技術紹介
ホーム 業務紹介 最新情報 技術紹介 お問合せ

 

上
業務紹介
最新情報
技術紹介
お問合せ

German German

English English

Japanese Japanese

Chinese Chinese

 

サイエンス・ビジョンR&Dセンターの技術紹介

サイエンス・ビジョンR&Dセンターは、科学技術に関する幅広い知見を有し、光学分野における数多くのパイオニア的技術開発を成し遂げています。以下、当社のキーテクノロジーをご紹介します。

DMD技術のアプリケーション

DMDとは、テキサス・インスツルメンツ社が開発したデジタル・マイクロミラー・デバイスです。我々はこの技術を応用し、データやビデオプロジェクタの心臓部となる光学システムを開発しています。

  • DLP(デジタル・ライト・プロセッシング)
    DLPは、光学半導体を使用した最新のデジタルディスプレイ技術で、アナログシステムの及ばない忠実度でイメージを再現します。
  • UV(紫外線)イメージング
    我々の主な開発分野のひとつに、UVイメージングがあります。これもDMDのアプリケーションのひとつで、UVによって可視光よりも効率よく光化学反応をコントロールできます。
  • その他
    DMDはまた、多機能スポットライトや信号処理に応用される光学スイッチとしても使われます。

レンズおよびレンズシステム

我々は、次のようなさまざまなレンズやレンズシステムの開発に関して多年にわたる実績を有しています : プロジェクティングやイメージングのためのズームレンズやバリオフォーカルレンズ(可変焦点レンズ)、背面投影システムのための広角投影レンズ、計測システムのためのテレセントリックレンズ、球面および非球面レンズ、リレーレンズおよびリレーコンデンサ、蛍光解析レンズ、可変焦点ゴーグル等。
 

薄層コーティング

我々は、光学薄層コーティング、特に光学複合システムにおける光学多層フィルムの設計開発においても多年にわたる実績を有しています。ガラス表面へ光学コーティング材を真空蒸着するPVD(フィジカル・ベーパー・デポジション)法により、任意の透過率・反射率を持つレンズおよびミラーを設計・製作することができます。

そのようにして試作されたサンプルを用いて、環境耐性テスト、分光解析、色特性測定を行い、性能確認後、SATIS-Vacuum社のシステムを用いてスムースに大量生産することができます。

 

ホーム 業務紹介 最新情報 技術紹介 お問合せ

www.science-vision.at